MENU

みなさんCS60ってご存じでしょうか?

久しぶりの投稿です。
コロナ禍の影響がおありかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
みなさんが受けているコロナワクチンも1回以上接種が国民の約65%、必要回数接種も約53%(9月14日現在)、ワクチンを打てば・・・という一本足打法でここまできましたが、最近では、抗体値について研究や発表がつづいていますね。
コロナ予防ワクチンの抗体にあたっては2回目を接種したとしても1回目接種後3か月を経過すると、抗体量の平均値は2回目後に比べて4分の1程度に減っていたなどの記事も見られます。特に高齢者や喫煙者は著しく低下するとか・・・。ただし、インフルエンザのワクチンの抗体は接種後5カ月までと言われていますので、そもそもワクチンがすべての解決法ではないことを知らないといけません。

本社の移転と忙殺の毎日

ところで、わたしはここ数カ月は忙殺の毎日をおくっていました。本社の移転もありましたし、てんてこ舞いの日々でした!
本社移転の動画はこちら

そこにいつもの暑い夏と冷房、少し乱れた食事、たった週に1度の運動、そこに仕事では月に100名程度の方々とのミーティング(もちろん大半以上はzoomですよ)、周囲にも何度も少しゆっくりした方がいいって言われていました。
こんな環境だったので、この間わたしは身体をこわさないように、どうやって体調を管理した上で、大切な免疫を保てばいいのか・・・って考えていました。でもそんな簡単に答えなんて出ませんし、たとえば・・・じゃぁ食事内容を見直して、大好きなデザートも減らして、出来るだけ歩く、ストレスのない生活にして・・・なんていうような行動変容は出来ません(*_*;

こうなると他力本願。昨日、偶然に初めてCS60という施術を受けました。

みなさんCS60ってご存じでしょうか。

わたしはこんなことすらも調べずにまずはやってみようと行ってきた訳ですが、とにかく受けた直後からなんだか身体の中からすっきりする感じがあるのです。
終わってからいろいろとCS60について調べてみました。

なんでも人には生体電流が備わっているそうです。そして、細胞のエネルギー産生をつかさどるミトコンドリアはこの微弱電流を活用しているそうです。CS60はこの電流を正常な流れに整えてくれるんです。従って、CS60は細胞の源であるミトコンドリアの状態を活性化する!
生体電流はミトコンドリアの状態が悪いと乱れることがあるようで、それも含めて整えてくれるのがCS60なのだそう。
少し調べてみるとミトコンドリアに繋がる・・・つまり細胞を労わってくれるのがCS60!

CS60の体験談

CS60体験中の話もしますね。手のひらに収まる程度の器具を使います。形はUFOのような円盤のようになっていてその先端から磁力が出る仕組みのようです。術者は片手でこれをわたしの体にくるくると押し当てるように使います。
ここまで言うと気持ちよさそう。ハワイの温かいストーンセラピーのイメージですが、めちゃくちゃにすごく痛いです。さらにミトコンドリアの元気がない部位、弱っている臓器に関しては半端でない痛みです。どう痛いかなのですが、器具でその悪い部位ごろごろしたり垂直に押すので、例えば下腹部だと背面の腰まで圧痛が伝わってきます。肋骨周囲は皮膚は薄いので器具と骨がゴリゴリする感じなのですが、もう痛みはそれ以上で、頭の中のイメージでは、本当に悪い成分がCS60 の器具によって外へ噴き出す感覚です。

近くの男性はずーっと悶絶していました・・・

セラピストが言うには、嘘みたいなのですが、めちゃくちゃに痛い場所でも他の部位と比較して器具による圧力は変わらないそうです。ただ、この痛みを我慢できたらほんとうにすっきりしてきますし、自覚でも痛みの後、楽になって解放されるのが分かってきました。
終わった後は、痛みから解放されたばかりなのに疲れることもなく15分歩いて帰れるほどでした。不思議なものです。CS60。

いつか聞いたことがあったのですが、臓器にはそれぞれに特有の波動があるそうです。CS60はその波動を元の状態に導く役割をしてくれたのかもしれません。次はいつごろ行けばいいですか?ってたずねたら、1週間後でということで早速予約してしまいました。

水素サプリメントと活性酸素

人にはそれぞれ健康の維持増進方法があると思います。わたしはこれをまずは続けてやってみようかなと思っています!
なぜなら私が愛用している水素サプリメントもミトコンドリアに働き活性酸素を除去してくれるものなので細胞から元気にするというテーマでは同じでとても親和性が高いと考えるからです。
身体ってご存じの通り、様々な臓器に血管、リンパ節、そして骨、筋肉などで形成されています。そんな精密機器のような身体に、様々な外部環境が悪影響を及ぼします。
健康や免疫の維持というのは、サプリメントだけでいいということでも運動だけで可能というのもでもありません。
わたしは日々の生活も見直しながらまだ続くコロナ対策も含めて自然免疫系の働きをよくしていきたいと思っています。

執筆者

圓井 順子

圓井 順子 看護師/メディカルリサーチ株式会社 代表取締役

地元短期大学卒業後に就職するが、幼少期からの看護師になることを諦めきれず、25歳で看護専門学校に入学。現在、メディカルリサーチ株式会社代表取締役として、認知症や遺言作成時における意思能力などについて精力的に講演活動を行なうとともに、民間の法医学研究所として、医療過誤や死因不明、交通事故後の後遺障害などの依頼を多数取り扱う。また、予防医学やがんの啓蒙活動に従事するため、NPOピンクリボンうつのみや理事に就任。