MENU

CBDが効果あり?840万人の片頭痛(偏頭痛)もちの方に朗報!

【CBDと病気・症状シリーズ パート2】

2021年6月、アメリカのサプリメントメーカー「アクソン・リリーフ社」が大麻成分であるCBD(カンナビジオール)が、片頭痛(偏頭痛)の緩和に有効であるという調査結果を発表し、国内でも注目が集まっています。

同調査は医学的で厳密な臨床試験ではないものの、用いられたCBDオイルには、日本で流通が禁止されているTHC(テトラヒドロカンナビノール)が含まれていません。そのため、日本で片頭痛(偏頭痛)に悩んでいたり、CBDに興味がある人にとっては耳よりな情報といえるでしょう。
そこで今回は、調査の内容を中心に片頭痛(偏頭痛)とCBDの関わりについて専門家の正高佑志医師のYouTube、著書などを参考にまとめました。ぜひ確認してみてください。

片頭痛(偏頭痛)とは


片頭痛(偏頭痛)は慢性(反復性)頭痛の一種で、日本臨床内科医会によると日本人の患者数は840万人と推定されています。また10~20歳代で始まることが多く、男性よりも女性の方が発症しやすい疾患です。
片頭痛は名前の由来の通り、頭の片側が痛むことが一般的ではあるものの、約4割近くは両側の痛みを経験しています。

痛みの程度は比較的重く、前兆がある場合はキラキラ・ギザギザした光が見えた後、おおよそ60分以内に脈打つような頭痛が発症。頭痛中は、音や光、臭いに敏感になり痛みによる吐き気などをともなうケースもあり、日常生活に支障をきたすレベルだといえるでしょう。発作の期間は4~72時間程度とされています。

※出典:日本臨床内科医会「頭痛
※出典:一般社団法人日本神経学会「片頭痛
※画像出典:日本神経学会「片頭痛」

病院で処方される一般的な薬、片頭痛の治療法

片頭痛の治療法には、なるべく早く発作を鎮めるための「急性期治療」と発作自体を起こりにくくしたり、軽度に留めるための「予防療法」の2種類があります。急性期治療にはロキソニンやカロナールといった痛み止めが処方されることが多いです。

ただ、いずれも発疹やめまい、胃腸障害などの副作用の恐れがあるほか、急性期治療薬を服用しすぎるとかえって頭痛の悪化や慢性化につながることがあります。
これを「薬剤使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛, MOH)」と呼びます。
実は、あくまでも対症療法しかないのです。いまだ、根本的な原因にアプローチできる新薬が待たれている段階なのです。

CBDオイルの摂取で90%近くが「片頭痛が緩和した」と回答

CBD(カンナビジオール)は海外を中心に医療、健康、美容といった分野で注目されている代表的な大麻成分の1つです。前述したアクソン・リリーフ社の調査では、CBDオイルは片頭痛の予防療法において効果が期待できるという結果が得られました。

同社が開発したCBDオイル製品の利用者105人を対象に、頭痛による日常生活への悪影響を計測する「頭痛インパクトテスト(HIT-6)」を用いた調査で、参加者の86%が30日後に「頭痛が緩和した」と回答。

具体的には、CBDオイルを摂取する前後では頭痛を経験した日の減少率23%、平均3.8日も少なくなった結果が得られ、さらに30日間の半分以上も片頭痛が発生する慢性的な片頭痛患者においては頭痛がある日が33%減少したことが明らかになりました。

加えて毎日頭痛に悩まされていた人も、調査開始前の15人から終了時には10人まで少なくなったのです。

アクソン・リリーフ社の調査以外にも、CBDには片頭痛の要因とされる神経ペプチドの一種「CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)」の放出を抑制する働きがあることが基礎研究で明らかになっていることから、片頭痛の予防療法として有効である可能性が指摘されています。

また、CBDは体調を整える働きがあるエンドカンナビノイドを分解してしまう代謝酵素「FAAH」の活性を低下させる働きがあります。FAAH(脂肪酸アミド加水分解酵素)は脳の神経細胞「ニューロン」に発現する酵素で、頭痛や吐気などと密接な関係があるとされています。この酵素を阻害することで、エンドカンナビノイドの分解を防ぎ、鎮痛や制吐につなげる薬剤はすでに開発されています。CBDもこれらの薬剤と同様、FAAHの活性を防ぐ作用があるため、片頭痛の鎮痛につながるのではないかと期待されているのです。

いずれにしてもCBDと片頭痛の臨床試験レベルの厳密さでの調査ではありませんが、「ハイ」になる大麻成分THCを含まないCBDオイルでも片頭痛の抑止などにつながるのは、片頭痛に悩まされている人にとっては期待できる結果といっても間違いないのではないでしょうか。

CBDの摂取は自分に適した製品を選択しよう

CBDと片頭痛の関わりについて、2021年8月時点で判明していることについてまとめました。CBDの片頭痛に対する効果の研究結果はとても少ないものの、アクソン・リリーフ社のように様々な団体や企業が独自の調査を行うケースが増えてきています。

CBDにはオイル、ベイプ、ワックスなど様々な製品があり、それぞれの用途や摂取する人の体質によって適量などが異なります。もしCBDに興味がある人は、まずは自分の目的に適したCBDの製品とその使い方から調べてみてはいかがでしょうか。

※参照:著 正高佑志「お医者さんがする大麻とCBDの話」
※参照:YouTubeチャンネル「Japan Green Zone